ダメ押し!最後のメイクアップ

ダメ押し!最後のメイクアップ

査定に出そうと考えている車、どんな状態ですか?いい業者が見つかって、簡単査定では思っているよりずっといい査定額が提示されました。さて、このまま本査定に出しますか?
大型トラックも、乗用車と同じ「車」です。壊れて仕事ができないのでは話になりませんし、汚いよりはきれいなほうが好まれることは、言わずもがなですね。
トラックは乗用車とくらべると保持年数が長く、走行距離も長いものが多いでしょう。商用で使えば、傷やへこみもあまり気にしないかもしれません。特に、複数のドライバーで共用していたトラックは、「誰かがやるだろう」という他力本願で誰も車の掃除をしなかったり、整備がおろそかになったりしがちです。
内装がぼろぼろだったり、ボディ内が泥だらけだったり、排気ガスが真っ黒、オイルがダラ漏れ・・・などなど、車としての整備がされていないようでは、大型も乗用も売れるものも売れなくなってしまいます。
本査定に出す前には、キャビン内、ボディ、パネル内の掃除、エンジンやオイルの整備などして正常な走行、まだまだ働ける車ということがしっかりアピールできる状態にしておきましょう。
あなたの愛車が、誰かの愛車になることを心から願って、また新しい情報を追加していきます!