目からうろこ!大型トラックの買い取り相場

目からうろこ!大型トラックの買い取り相場

大型トラックの買い取り相場がわからない!と言う嘆きは、大型トラックを売りたいと思ったことがある人、共通の嘆きです。
査定を依頼すると、それこそピンからキリまで、何を信じたらいいのかわからないくらいの差が開くことが良くあるからです。その理由は・・・大型トラックは相場が無いからなんです。
大型トラックというのは、通常、キャビン、シャーシ、エンジン、ドライブトレーンなどは自動車メーカーが製造して、それ以外の荷台部分は別の架装会社が荷台やパネルなどをつけるという、オーダーメイド的な注文製造で仕上げ、販売されます。つまり、既製品がほとんど無いんですね。サイズやパネルの形・素材・組み合わせ、仕切り、などなど、購入者の趣味や趣向、仕事内容によって、最も都合の良い仕様になるわけです。ですから、乗用車のように年式やタイプ・クラスによって相場が決まるのではなく、キャビンと荷台の形状などによって基本となる査定額ができ、その上で、車の状態やボディの素材、用途範囲などで加算減算して行かざるを得ませんので、トラックについての詳しい知識が無ければ本当の意味での査定はできないのです。
一般中古車買取店にこうした知識を求めるのは非常に難しいことなので、査定する業者によって大きな差が出てしまうという、大型トラックの相場の不在がトラック中古車市場の現実なのです。